いつか必ず役に立つ緊急措置法

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
Pocket
Bookmark this on Digg

意外と知らない緊急処置の方法

何気なく散歩をしていたら、散歩中の老人が突然倒れて、苦しみだした。なんていう状況にいつか遭遇してしまうかもしれません。

そんな時に自分に何かできることはないかと考えますが、知識を何も持っていなかったら、素人が手を出すのはむしろ危険なことになってしまいます。

善意で行動したつもりなのに、後になって、こんなことになるんだったら放っておいて欲しかった・・・。なんて言われてしまえばさぞ落ち込んでしまうことでしょう。

そのように人生に於いて後悔を生み出さない為にも、万一の時の緊急処置の方法とでも言うべきものをしっかりと知っておくべきだと言えます。

尤も、何が起こるか分からないのが人生なので、全ての事柄に対しての知識をカバーするということは非常に難しいことになってしまうでしょう。

しかし、考えられるケースというものは、それほどは多くありませんし、その中の数個だけでも知っておくと便利なのは間違いありません。

何かが起こった時に、あなたが手早く処置を行ったお陰で、一命を取り留めることができる人もいるかもしれませんよね。

人の役に立つために生きましょう。なんて大袈裟なことは言えませんが、人助けをするという意識を常に持つことは大事なのではないでしょうか。

緊急事態でも冷静になる

思いもしなかったことが突然起こってしまうと、誰しもが冷静さを失ってしまいます。

普段はクールなイメージがある男性が、突然取り乱して泣き叫ぶということだって安易に予測できるかもしれません。

そうなってしまったとしても、格別のその人の精神が弱かったということでは、ないので後になって不必要なほど攻めるのはやめておきましょう。

そのような現場に遭遇してしまった時に、何よりも大事なのは冷静さを失わないということになるのです。

緊急処置の為の知識は充分に有るのに、冷静さを欠いてしまったことによって、何もすることができなかった。なんてことになるのは悔しいことでしょう。

突然のことの動揺することはあるかもしれませんが、一旦深呼吸をして落ち着いてから、自分に何ができるのかを考えていってみてください。

他人の痛みを想像しすぎない

映画を見ている時に、登場人物がリンチを受けているシーンなんかを見たら、思わず顔をしかめてしまったり、自分が殴られているような感覚になるかもしれません。

突然目の前で車に撥ねられてしまって、苦しんでいる人が現れた時も、同じように他人の痛みを我が物のように感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、応急処置を行わなくてはいけないシーンで、そのように感情移入しぎてしまうと、思うように行動することができません。

処置する時に心掛けたいのは、あくまでも第三者目線で行動を起こしていくということなのです。

いざという時に動ける人間になろう

多くの人たちが動揺している中で、毅然と行動できる人間っていうのは、端から見ても格好いいと思いますよね。

自分もあんな風になりたい・・・!と強く思ったことがあるのならば、早速その日のうちから色々なパターンを検証していくことにしましょう。

専門的技術が必要な処置までは獲得する必要がありませんので、あくまで簡単に行える処置を覚えるだけでも人命救助に繋げられることになるはずです。

特に、季節によっては熱中症になってしまう人というのも数多くいますし、そんな時に対処の仕方が分からない人ばかりでは、最悪の場合命を落とすことも考えられますよね?

不幸な人を出すか出さないかは、皆さんの対処次第であると断言できてしまうのかもしれません。

心掛け次第では、多くの人たちに感謝されるようになることも可能でしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
Pocket
Bookmark this on Digg